猫のゲーム日記。新しい遊び方を研究しています。皆さんよろしくお願いします
by final-z
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Amazon.co.jp通販サイト

Yahoo!オークション
Arcade Paradise
相互リンク
blogram投票ボタン
BlogPeople「趣味の世界/ゲーム」ブログランキング
BlogPeople「趣味の世界/漫画・アニメ」ブログランキング
BlogPeople「趣味の世界/コレクター」ブログランキング Subscribe with livedoor Reader 楽天レンタル 価格改定君─アマゾンマーケットプレイス簡易価格改定ソフト(無料お試しダウンロードはこちら)
コナミの公式オンラインショップ「コナミスタイル」
スクウェア・エニックス公式ショッピングサイト
広告主イロイロ・報酬イロイロ・選べる楽しさ・バリューコマース
【古本市場】激安古本・CD・DVD・ゲームソフト販売買取 コトブキヤ

ドラゴンクエストIX 星空の守り人 ドラクエの見所を語ってみませんか冒険の書1

システム
プレイヤーキャラクター
主人公を含めた各パーティーキャラクターは、登録の際に、性別・体型・髪型・髪の色・顔・肌の色・目の色・名前(かな5文字まで)をあらかじめ設定する。また、装備品はDSの持つタッチペンとタッチパネルを生かしたドラッグ&ドロップで変更可能で、全8箇所への装備品によって外見グラフィックが変化し[1]、キャラクターはさながらアバターのようになる。発見した「しぐさ」を設定し、コマンドによって行うこともできる。

パーティーキャラクターは必ず「戦士」「武闘家」「僧侶」「魔法使い」「盗賊」などの職業を一つ持っており、職業によって装備できる武具や覚える呪文・特技などが異なり、キャラクターの性能的な特徴が決定付けられる。前作から採用されたスキルシステムが、ほぼ同様の形で本作でも実装されており、戦士ならば「剣スキル」「盾スキル」「ゆうかん」、僧侶ならば「杖スキル」「棍スキル」「しんこう心」といった、各職業によって持っているスキルが決められている。

キャラクターが最初に就く職業はキャラクター登録の際に決定でき、またダーマ神殿によって転職できる。本作の上級職への転職条件は特定のクエストをクリアすることとなった



在庫あり↑リンク

いよいよ11日に発売するドラゴンクエスト9です
私は一の頃から世界観のファンなのです。ドラクエ1はいきなり、ファミコンのFM音源では限界いっぱいをつかった、すぎやまこういちさんのラダトームの城の曲から、外にでたとたんにスローモーションでかつ、素朴なメロディにやられたくちなのです
FM音源のほうのサウンドトラックをもっています。後ろのジャケットが小学校にかいたような素朴なアレフガルドの世界なのですが見直すと童心をゆすぶられる猫です
ドラゴンクエストはドラゴンクエストなのです
アクションゲームでコミカルなのにした方が売れる、せめてFFのようにリアルタイムバトルでというのがあるけれど、今でもターン制を採用しています
アマゾンで掲示板にあった、とあるプレイヤーの批評です

■ファンが希望するハードではない発売。
■セーブをひとつしかさせない買わせるのを目的とした仕様。
■3回にも及ぶ発売延期でファンを軽視。
■Wi-Fiでのマルチプレイができるかのように装った宣伝方法。
■ドラクエの売上をFFの開発費に当てる経営手法。
■大作RPGにも拘らず公式サイトがお粗末でファンに対する説明不足。
■株主や関係者によるポジキャン。(楽しみ!など掲示板等で宣伝する行為)
■ドラクエではおなじみのカジノを廃止。
■下品なキャラクター(ギャル語を使う)による作品の品格低下。
■社長の「価格は高めに設定」発言によるボッタクリの明言。
■SMAP(起訴猶予処分2名を含む)を使うことで作品よりも広告重視を露呈。
■ポスターに「AM:7時、販売開始」と記入して販売店に迷惑をかける。

大体、ぱっと思いつくものを書いてみました。

セーブがひとつしかないという、確かにこれはソニーのデモンズソウル並に恐怖ですよね
批評もお客さんの持ち物なので正当にとりあつかわないといけませんね

DSででるからかなり驚いたのは自分も同じです
自分はソフトがダメでも、すぎやまさんがレア音源だしてくれれば別にまったくかまいません
ゲームはあきられるから、あえてミュージックビデオとわりきって歴史に音楽をのこしましょうよといいたいです

自分なりに解説すると、ドラクエはドラクエというゲームなのです
紙芝居みたいな世界なので、戦闘がターン制になるというのも仕方がないようです
沸かしコーヒーをのみながらプレイといったところですか
基本的にファンタジー世界は平和で民族的な神曲がにあうので静止空間と同じなのですよね
天使の国とかを維持しようと鳥山さんも努力しようとしているけど、戦闘他だと、新進気鋭のRPGより古いというは仕方ないと思います
FFをはじめとして、自分よりレベルの高い敵と戦うには、盾役というのが防御特化でないと苦しいのです
敵からターゲットをとるために、がんばって回復役の白魔法使いとかを守るというのが基本なので、いろいろと装備とかを考えるのです
前衛は攻撃しなくてもいいから、ターゲットとってくれというのが基本で、そこから後衛が攻撃特化をつくれるというのも売りです。FF11とか、三国志onlineとかはそれです
複数のキャラをつくる楽しみもふえるのです
ターン制だと、防御するだけ無駄なので、パーティー戦のたのしみがないです
ガンダムネットワークオペレーションとかで、前衛のタゲとりが回避キャラで、いいキャラをつくれたのが実戦ぽくて誇らしいゲームやったなと実感できました

ターン制にするならば、思い切って、戦闘フレーズのところをシュミレーションのようにすべきではないかという意見もあったそうです
攻撃と回復だけのゲームは暴力っぽい消耗戦なので、いまいちドラクエの天使の世界っぽくないという意見をくんでのタクティクスシュレーション案だったようです
FFの獣使いはどうですか?と猫はきいてみたこともあるんですよね。社員の方ですけど。何がやりたいかっていうと、どうせシュレーションパートにするならば、オートに近い戦闘で拾ってきたモンスターの性格を矯正してすすんでいったらどうですか?あえて、動物園にしてしまうような、ペットオンラインをやってみる。なまけものとか、まんまバカなモンスターが最初につかまえられるわけですけど、サッカーチームつくったときみたいにオートで暴れまくるから大変だ
様子をみるなんて、モンスターがいるんだから、そんな獣使いで女神転生な世界もドラクエみたいでいいんじゃないかなと
自社開発でないと、意見が採用されても、報酬が払えないからたいていメールもらっても採用はされないのが実態ですよね
ドラクエで何かしたいとか、ひとりひとり違うのは仕方ないですね
猫はMODで、国盗りシュミレーションものをとりいれて、モンスター同士のエリアとりあいというゲームを提案して遊ばせてもらったことあるのです
スライムとかで魔王の城せめると道に迷ってつむとか、けっこうカオスでしたけどねWWW
猫もゲーム自作して売れないので、残念です
やっぱり、ステータスどこか極振りの特化型とかつくってみたいですねん
ドラクエならば、性格のステータスの別テーブルそのものも、ほしいかな・・・。行動によってカスタマイズしてたくさんの客に理解されるのにも、自由なゲームでないといけないですよね
ステ振りがわからない方でも、勇者系の性格のステータス振りならこだわりたいと思うんですよ
って、昔の話はおいといてドラクエ9の紹介しましょう

a0125643_17241915.jpg

本作では,冒険の途中で謎めいた地図を手に入れることがある。地図には×印が記されており,その場所を探し当てると,お宝が眠るダンジョンが出現する。
 宝の地図を手に入れると,「どうぐ」コマンドに「たからのちず」コマンドが追加される。コマンドを実行すると,ニンテンドーDSの上画面が,フィールドマップから宝の地図に切り替わる。宝の地図には“だいたいの場所”しか示されていないので,フィールドを冒険しているとき,ニンテンドーDSの上画面に表示される周辺の地図を手がかりに,洞窟の場所を見つけ出そう。

宝の地図で見つけた洞窟は,地図ごとに形や階層,そして出現するモンスターが異なる自動生成ダンジョンとなっている。灼熱の火口や地底湖など,ダンジョンの地形もさまざまなので,攻略方法も地図ごとに変わってくるわけだ。ちなみに,ダンジョンは自動マッピングの安心設計となっているので,方向オンチの人も安心(?)だ。

また宝の地図は,「すれちがい通信」機能を利用して,ほかのプレイヤーに「おみやげ」として渡すことができる。とはいえ,宝の地図ごとにダンジョンが隠されている場所も変化するとのことで,友達から宝の地図を受け取っても,同じ攻略方法が通用するとは限らなそうだ。

地図ですね。DSの機能をよくつかっています。大航海時代onlineの地図と違ってリアルタイムで地図をみながら歩けるとかいうのが斬新です
猫はいつも、ニアカウントか、三アカウントでやっていたりするのでDSの便利さがわかるのです

上の画面だけオンラインにしてくれたりするときっとさらに楽しいんじゃないですかね
デモンズソウルのオンラインみたいに白~黒傾向かえてくれるような、黒ファントムの侵入も歓迎です
と、今日はここまでです
読んでくれた人、ありがとうでした!!



























[PR]
by final-z | 2009-07-03 17:22 | ゲーム

ランキング

ライフログ

検索

フォロー中のブログ

ファン

ブログジャンル

ゲーム
漫画・アニメ

画像一覧